海界の村を歩く 瀬戸内海 斎島 (広島県) - 人気観光スポット動画まとめ





"海界の村を歩く 瀬戸内海 斎島 (広島県)" の動画はこちら


この動画をTwitterで共有!
外部プレーヤー埋め込みタグ


"海界の村を歩く 瀬戸内海 斎島 (広島県)"のYouTube動画詳細情報


海界の村を歩く 瀬戸内海 斎島 (広島県)


海界の村を歩く 瀬戸内海 斎島 (広島県)

呉市仁方港から高速船で30分の豊島、そこからさらに定期船で南へ25分の海上、愛媛県との県境に位置している。古くから神霊の宿る神の島として、往来する船人や近隣の人々の信仰を集め、斎内親王から幣帛料(へいはくりょう)を賜っていたという故事から斎島と名付けられたとされる。寛文年間(1661〜73)豊島から移住者があり、庄屋も置かれた。江戸時代末期には80万積以下の船30隻を数えている。明治22年までは斎島村として独立していた。昭和初期には船員を多く輩出し、戦後の昭和25年には人口385人を数えていたこともある。現在は柑橘栽培と漁業を中心とした静かな島となっている。(「シマダス」参照)
動画ID:OGoTZXnY0uQ
投稿日時:2017年01月18日 23時02分
再生回数:8,907 回
コメント数:1
高く評価した人の数:52人
低く評価した人の数:0人


"海界の村を歩く 瀬戸内海 斎島 (広島県)" の関連お勧め情報 検索結果




関連オススメ動画情報

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP