Beppu Onsen - Hells of Beppu 別府温泉 地獄めぐり [8KHDR] - 人気観光スポット動画まとめ





"Beppu Onsen - Hells of Beppu 別府温泉 地獄めぐり [8KHDR]" の動画はこちら


この動画をTwitterで共有!
外部プレーヤー埋め込みタグ


"Beppu Onsen - Hells of Beppu 別府温泉 地獄めぐり [8KHDR]"のYouTube動画詳細情報


Beppu Onsen - Hells of Beppu 別府温泉 地獄めぐり [8KHDR]


Beppu Onsen - Hells of Beppu 別府温泉 地獄めぐり [8KHDR]

Beppu Jigoku Meguri (Beppu Jigoku Meguri) is a standard sightseeing course that travels on a regular sightseeing bus and so on with the natural source "Hell" that exhibits various wonders that exist in Beppu Onsen in Beppu, Oita Prefecture. It is also used as a generic term for these hells. Sea hell, blood pond hell, white pond hell, tornado hell is designated as the country's scenic spot as Beppu's hell on July 23, 2009 (2009) Symbol of rich hot spring resources Beppu hot springs are dotted with distinctive hot springs such as geysers, etc. that exhibit various spring colors such as blue, red and white depending on the contents. There are also facilities that display animals and plants reared and bred using the heat of the hot spring. Such hot springs, whose main purpose is not to bathe but to view, are called hell, and have become one of the highlights of Beppu sightseeing. It is not clear when the call of hell began, but in 1694 (the 7th year of the Genr. 7 years), the term “Hell” is used everywhere in “Toyokuni Kogyo” authored by Kaibara Masuken. In the past, it was hell that was treated as awkward and no one put it in hand, but when the development of a villa with hot spring started it as a source of hot spring hot water and people came closer to safety, It came to be done. It began to be commercialized as a tourist facility, in 1910 (Meiji 43), when the sea hell arranged the facility and began to collect the admission fee. In the Taisho era, cars were used for sightseeing, and drilling of small fumaroles to induce large eruptions was actively conducted until the early Showa era, and iron ring hell (1922), tornado hell (1923) Years), helllessness (1924), Tsurumi hell (1925), Hachiman hell (1928), demon stone hell (1930), white pond hell (1931), demon mountain hell, gold dragon hell (1932), furnace hell (1926), Thunderfield hell (1927) and new hell appeared one after another 別府地獄めぐり(べっぷじごくめぐり)は、大分県別府市の別府温泉に多数存在する様々な奇観を呈する自然湧出の源泉「地獄」を、定期観光バスなどで周遊する定番の観光コースである。また、これらの地獄の総称としても使われる。海地獄、血の池地獄、白池地獄、龍巻地獄は、2009年(平成21年)7月23日に、別府の地獄として国の名勝に指定されている 豊かな温泉資源の象徴 別府温泉には、含有物によって青、赤、白などの様々な泉色を呈する温泉や、間欠泉などの特色のある源泉が点在する。また、温泉の熱を利用して飼育・育成した動植物を展示する施設を併設したものもある。このような、入浴ではなく、観覧を主な目的とした温泉は地獄と呼ばれ、別府観光の目玉のひとつとなっている。 地獄という呼び方がいつ頃始まったのかは定かではないが、1694年(元禄7年)に貝原益軒が著した『豊国紀行』では随所で「地獄」という呼称が使われている。 かつてはやっかいもの扱いされて誰も手をつけないでいた地獄だが、温泉付き別荘地の開発をきっかけに温泉給湯の源泉として整備され人が安全に近づけるようになると、湯治客が地獄を覗き見するようになったという。それが観光施設として商業化されるようになったのは、1910年(明治43年)に、海地獄が施設を整えて入場料を徴収するようになったのがはじまりである。 大正時代に入ると自動車が遊覧に用いられるようになり、昭和初期にかけて小噴気孔を掘削して大噴出を誘導することが盛んに行われて、鉄輪地獄(1922年)、龍巻地獄(1923年)、無間地獄(1924年)、鶴見地獄(1925年)、八幡地獄(1928年)、鬼石地獄(1930年)、白池地獄(1931年)、鬼山地獄、金龍地獄(1932年)、かまど地獄(1926年)、雷園地獄(1927年)と次々に新たな地獄が出現した Source: Wikipedia 日本の四季をテーマに絶景写真や動画をアップロードしています! 気に入ったらぜひチャンネル登録してください! ホームページ(Japan Explorers): http://www.japan-explorers.com/ Twitter: https://twitter.com/JapanExplorers/ 撮影機材:RED Helium #別府 #別府温泉 #地獄めぐり
動画ID:NAr3khNpJzk
投稿日時:2019年06月22日 14時04分
再生回数:187 回
コメント数:0
高く評価した人の数:3人
低く評価した人の数:0人


"Beppu Onsen - Hells of Beppu 別府温泉 地獄めぐり [8KHDR]" の関連お勧め情報 検索結果




関連オススメ動画情報

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP