東京アート「アミューズミュージアム」 浅草観光・デートスポット - Best Attraction Ranking by Foreign Travelers





"東京アート「アミューズミュージアム」 浅草観光・デートスポット" の動画はこちら


この動画をTwitterで共有!
外部プレーヤー埋め込みタグ


"東京アート「アミューズミュージアム」 浅草観光・デートスポット"のYouTube動画詳細情報


東京アート「アミューズミュージアム」 浅草観光・デートスポット


東京アート「アミューズミュージアム」 浅草観光・デートスポット

浅草情報 東京アート「アミューズミュージアム」  http://www.amusemuseum.com/ 布文化と浮世絵の美術館 AMUSE MUSEUM 浅草デート観光スポット 営団銀座線・都営浅草線の浅草駅で降り、雷門へと向かう。 雷門から浅草仲見世をお参りし、浅草寺の本堂をお参りする。 そして、国の重要文化財 浅草二天門を眺める。 その門の中をくぐって浅草寺から出ると、浅草の新名所、 「アミューズミュージアム AMUSE MUSEUM」 がある。 アミューズ ミュージアムとは アミューズ ミュージアムは、世界に誇る日本の文化、「和」そして、「美」と「技術」を、 世界中から多くの観光客が集まる浅草の地で、アクティブに紹介するライブ・ミュージアムです。 日本人だからこそ生み出せたグラフィック、プロダクト・デザイン、テキスタイル・アート。 施設概要 アミューズ ミュージアムは浅草寺に隣接する、昭和中期の匂いを醸し出す築43年の 古いビルを再生・リノベーションした施設です。 館内には、企画展美術館の他に、ライブステージ、UKIYOEシアターなど、多機能に 日本文化「和」の魅力を感じて頂けるアート・ビルディングです。 浮世絵シアター ボストン美術館に収蔵されている、幻の浮世絵「スポルディング・コレクション」を基にした 世界でも類の無い高精細デジタル画像の浮世絵、超細密デジタル映像作品を公開します。 ギャラリースペース ジャンルを問わず気鋭のアーティストの作品を紹介・公開しています。 貸ギャラリーとしてもご利用頂けます。 美術館への入場は有料となります。 ◎一般1000円 / 大・高生800円 / 中・小学生500円 / 未就学児童無料 ◎一般団体料金は15名以上で800円 ◎身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、  身体障害者福祉手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方と  その付き添いの方(1名まで)は500円 常設コレクション 奇跡のテキスタルアート「BORO」 田中忠三郎コレクションの中には、江戸時代から何代にも渡り、青森の山村、農村、漁村で使われてきた "ぼろ"と呼ばれる衣服や布類が多数あります。 人の一生はおろか、二代、三代、時には四代にわたって、布を再生し継ぎ充てを重ねられたボロ着物は、 今や「BORO」として世界共通語となるほど、アート・テキスタイルデザインの分野で高く評価され、 欧米の染織美術・現代美術のコレクターから買い求められています。 現代のキルト、パッチワークのようにきれいなものを作りたくて作ったのではなく、そのときにあるものを重ねていき、 寒さをしのぐために少しでも暖かく丈夫にしたいと、つぎはぎを重ねて大切につかわれてきたそれらぼろ布類は、 今あらためて見れば、そのままイタリアやフランスのハイファッションになりそうな完璧なデザインです。 6階展望デッキ  浅草寺境内や東京スカイツリーのパノラマが一望  浅草寺の写真を撮るのには、最高の撮影場所です♪ 3階 「民具倉庫」実際に使用されていた本物の古民具を展示 「夢の跡」黒澤明監督映画「夢」に使用した衣裳など、パネルとともに展示 重要有形民俗文化財<タッツケ>を展示 1階 ミュージアムの総合案内 ◎ミュージアム・  ギフトショップ 田中忠三郎コレクションをはじめ、アート性の高い手ぬぐいなど、 おしゃれ和雑貨も揃えたセレクトショップ ◎浮世絵シアター (二天門シアター)ボストン美術館収蔵の浮世絵「スポルディング・コレクション」を デジタル映像で解説 (貸切パーティーやライブイベントにも対応。詳しくはお問い合わせください). ◎美術館:10:00~18:00(最終入館は閉館30分前まで)  ※展示入替えのため、一部休室の場合もあります。  <毎週月曜日休館(月曜祝日の場合は翌日休館)> ◎バー :18:00~翌2:00  <5F:日曜・月曜・祝日休み/6F:月曜日休み> TEL:03-5806-1181(代表)<10:00~18:00> 浅草二天門 国の重要文化財 所在地: 台東区浅草2 建築年: 元和4年(1618) 構造:木造の門   特徴:切妻造り八脚門 Tokyo Asakusa Art Gallery 台東区美術館 浅草デートコース AMUSE MUSEUM 浅草観光 浅草情報 「布文化と浮世絵の美術館」アミューズミュージアム は東京都台東区浅草にある、日本文化を展示している私立美術館。浅草寺の東隣に2009年11月開館した。大手芸能プロダクション・アミューズが運営母体。 民俗学者田中忠三郎の所有する資料を中心に、約3万点の所蔵品(国の重要有形民俗文化財「津軽・南部のさしこ着物」786点を含む)を有する。公開展示点数は約1500点。 布文化を中心とした、無名の職人や一般女性の手仕事による美術工芸を紹介しており、展示品はNHK「美の壷」「新日本風土記」などのメディアでも取り上げられている[1][2]。 また、2013年の春夏パリ・メンズコレクションでルイ・ヴィトンが、2014年の春夏ニューヨーク・コレクションではアルチュザラが、2015年春夏コレクションでコム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マンが、同館の展示品BOROをモチーフにした[3][4]。 リトゥンアフタワーズの山縣良和や「途中でやめる」の山下陽光など、同館の展示に影響を受けたと公言するデザイナーやアーティストも多い[5]。 名誉館長は田中忠三郎。館長兼キュレーターは辰巳清。キュレーションのコンセプトは「もったいない」。東京・ミュージアムぐるっとパス2015(東京の美術館・博物館等共通入場券)利用対象施設となっている。 2018年4月、建物の老朽化を理由として開館10周年の区切りである2019年3月31日をもって閉館することが発表された
動画ID:Hthopjqyqr0
投稿日時:2011年02月1日 23時51分
再生回数:7,464 回
コメント数:1
高く評価した人の数:8人
低く評価した人の数:2人


"東京アート「アミューズミュージアム」 浅草観光・デートスポット" の関連お勧め情報 検索結果




関連オススメ動画情報

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP