海界の村を歩く 日本海 萩大島(山口県萩市) - Best Attraction Ranking by Foreign Travelers





"海界の村を歩く 日本海 萩大島(山口県萩市)" の動画はこちら


この動画をTwitterで共有!
外部プレーヤー埋め込みタグ


"海界の村を歩く 日本海 萩大島(山口県萩市)"のYouTube動画詳細情報


海界の村を歩く 日本海 萩大島(山口県萩市)


海界の村を歩く 日本海 萩大島(山口県萩市)

萩市の沖合8km、北長門海岸国定公園のほぼ中央に位置している。壇ノ浦の戦いに敗れた平家の落人7人がこの島に流れ、住みついて島を開発したという「七名」の伝承があり、その子孫と言われる7つの姓で島の大半を占めている。永正5年(1508年)頃と推定される大井八幡宮の御済納米銭役所(ございのうまいぜにやくしょ)文書に、「大島」として農産物などを献上したことが記されている。漁業が盛んで、県内の島では最高の年間役16億円の水揚げを誇り(1998年シマダス)、農業でも北浦有数の葉タバコの産地として知られる。(参考「シマダス」) 島は台地状の地形で南側が緩斜面になっており、その斜面上と斜面下に本村(じげ)と赤穂瀬(あかほせ)という二つの集落が形成されている。今でも漁を営む若者が多く生活をしている島で活気がある。
動画ID:H8_42qtUVac
投稿日時:2015年08月3日 01時23分
再生回数:26,060 回
コメント数:5
高く評価した人の数:79人
低く評価した人の数:5人


"海界の村を歩く 日本海 萩大島(山口県萩市)" の関連お勧め情報 検索結果




関連オススメ動画情報

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP