広島電鉄1000形電車 (2代) - Best Attraction Ranking by Foreign Travelers





"広島電鉄1000形電車 (2代)" の動画はこちら


この動画をTwitterで共有!
外部プレーヤー埋め込みタグ


"広島電鉄1000形電車 (2代)"のYouTube動画詳細情報


広島電鉄1000形電車 (2代)


広島電鉄1000形電車 (2代)

広島電鉄1000形電車 (2代), by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2730170 / CC BY SA 3.0 広島電鉄1000形電車 (2代) 広島電鉄1000形電車(ひろしまでんてつ1000がたでんしゃ)とは、広島電鉄が2013年から運用を開始した路面電車である。 広島電鉄およびその前身会社で「1000形」を名乗る電車としては、1922年(大正11年)に導入された宮島線用高床車C形を、1939年(昭和14年)に改番して誕生した1000形に次ぐ2代目となる。 2013年2月14日に千田車庫で出発式を開催し、翌15日から7号線(横川駅 - 広電本社前間)・8号線(横川駅 - 江波間)と、9号線の白島 - 江波間直通運用で運行開始している。 2014年2月1日の2編成の増備に合わせて、5号線(広島駅 - 比治山下 - 広島港)でも運行開始。さらにその後も増備されており、2016年1月29日の1009号の投入時から3号線(広電西広島 - 広島港)での運用を開始したことにより、広電のすべての路線で超低床車両(1000形、5000形、5100形)が運行されることになった。 2012年5月11日発表の『広島電鉄サービス向上計画』において、超低床車両の増備と運行路線の拡大が発表された。2012年8月24日に広電の運賃値上げが報道されたときに、広電の車両124両のうち、48編成が製造から45年以上経過し、2027年までに40編成を超低床車両に置き換えたいとした。 2012年9月11日付け中国新聞は、これまで超低床車両を運行していなかった白島線と横川駅-江波間において、2013年1月から2月を目処に「短い編成の」超低床車両の運行を始めると報道した。そのときに発表された、導入される車両の仕様は、現行の超低床形車両である5100形をベースに、編成長を5両編成30メートルから3両編成18.6メートルに短縮し前中扉に変更。三菱重工業三原製作所・近畿車輛・東洋電機製造が製造。1編成の値段は2億7000万円で、一部広島市と国の補助金の活用も検討し、当時の計画では2027年時点で超低床車両を62編成にし、半数の編成を超低床車両にすることを目指すとしていると報道された。また、2013年2月1日付けの日刊工業新聞も、納入する新車の内、半数近くの編成を18メートル級にしたいと報道した。 2012年11月23日付け中国新聞では、白島線の運行を、これまで回送電車しか走行していなかった八丁堀交差点を通過し、本線及び江波線に乗り入れ、白島-江波間を1日3往復から4往復直通運行するため、広島県警と調整していると報道。同日開催された『電車開業100周年記念祭』で、越智秀信社長(当時)が新車両を公表した。 2012年12月18日に、編成の車番および愛称がイタリア語で「小さい」を意味する『PICCOLO』(ピッコロ、1001号)、『PICCOLA』(ピッコラ、1002号)に決まったことが明らかにされ、試運転中、1編成をアンデルセン(アンデルセングループ)とのコラボレーションラッピング塗装(アンデルセンの新商品の告知ラッピング)とすることが明らかにされた。翌日の新聞報道で、2013年1月10日ごろから試運転を開始し、2月15日から営業運転に投入されることと、2013年度にも3編成程度導入することが報道された。 1001号車は、2013年1月8日に三菱重工業三原製作所から搬入。同月下旬には1002号車も搬入された。納入後は、営業運転では使用予定がない、宮島線でも試運転が行われた。 2013年2月6日に、形式名が1000形になることと、運行路線および運行本数が正式発表された。 2013年度は、3編成を導入。2013年11月に、1003号以降が『GREEN MOVER LEX』(グリーンムーバー・レックス)になることが明らかになった。愛称の『LEX』は『Light Excursion』から作られた造語。同月、第13回ひろしまグッドデザイン賞の特別賞を受賞した。 12月より試運転を開始。2014年1月27日に、同年2月1日より1003号・1004号。2014年2月14日に、2月17日より1005号が運行開始することを発表した。2018年3月までに1014号までが導入されている。 2018年5月10日より、1000形限定でICカード利用者に限り通常は乗車専用となる中扉からも降車が可能となるICカード全扉降車サービスが開始された。 製造は、5100形同様に近畿車輛・三菱重工業・東洋電機製造が行い、広島電鉄と共同開発した。5100形に続くJTRAMシリーズの一つとしている文献もある。 5100形...
動画ID:6mMUt8nZWuM
投稿日時:2019年01月2日 21時57分
再生回数:6 回
コメント数:0
高く評価した人の数:0人
低く評価した人の数:0人


"広島電鉄1000形電車 (2代)" の関連お勧め情報 検索結果




関連オススメ動画情報

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP