【百名山】甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳 テント泊 2019/9/14-15 - 日本の100名山 動画まとめ / Japan famous mountains 100





"【百名山】甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳 テント泊 2019/9/14-15" の動画はこちら


この動画をTwitterで共有!
外部プレーヤー埋め込みタグ


"【百名山】甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳 テント泊 2019/9/14-15"のYouTube動画詳細情報


【百名山】甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳 テント泊 2019/9/14-15


【百名山】甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳 テント泊 2019/9/14-15

北岳に登った時に、白い花崗岩で覆われた甲斐駒ヶ岳、平安時代の装束のような地形の仙丈ケ岳、これを見た瞬間からぜひ登りたいと思っていた。 甲斐駒ヶ岳は、南アルプスの中でも最も端正な三角錐で、個性的毅然とした山である。 深田久弥は著書「日本百名山」の中で「もし日本の十名山を選べと言われたとしても、私はこの山を落とさないだろう」と記している。 今回の登山ルートは、北沢峠→双児山→駒津峰→山頂。 登り始めは針葉樹林帯の急登。双児山より森林限界を超えると、南アルプス北部の百名山が揃って見える。 駒津峰では、甲斐駒ヶ岳と摩利支天、六方石の白い白砂をかぶった巨岩が創り出す景観に圧倒される。 駒津峰から岩稜の狭い尾根が続き、六方石で直登とマキ道に分かれる。今回は直登で山頂へ登り、マキ道で六方石まで下山した。 直登では、赤ペンキマークがありルートを見失う心配ないが、核心部は高度感あるトラバースがある。 核心部を過ぎると傾斜は山頂まで緩くなる。 下山は駒津峰から仙水峠まで急坂を下る。仙水峠~仙水小屋の前半は岩塊斜面(足元の岩が不安定に動く)が続く。 仙水小屋で美味しいアルプスの水を頂き、長衛小屋(テント場)へ下山した。 仙丈ケ岳は南アルプスの女王と呼ばれる。 甲斐駒ヶ岳のようなピラミッドでもなく、3つのカールが平安時代の装束のような地形を作り、女性的な美しさがある。 今回の登山ルートは、長衛小屋から北沢峠を通らずショートカット(地図では破線)で2合目から登り、大滝ノ頭→小仙丈ケ岳→山頂。 ショートカットは標高差200メートルを一気に上る急坂である。 大滝ノ頭から小仙丈ケ岳の前半までは針葉樹林帯で、森林限界を超えると景色が開ける。 小仙丈ケ岳からは傾斜が緩やかになり、日本の標高トップ3(富士山、北岳、間ノ岳)をいっぺんに見ながら稜線歩きができる。 しばらくすると右手に大きく丸くえぐれた藪沢カールがありそれを回り込むようにして登る。 山頂では山座同定を楽しめるほどに眺望がすばらしい。 日本の標高トップ3以外では、鳳凰山や赤石山脈の悪沢岳、赤石岳、塩見岳、笊ヶ岳。中央アルプスの最も尖った宝剣岳、木曽駒ケ岳、空木岳が見える。木曽御嶽はぼんやり。 甲斐駒ヶ岳の先は、金峰山、瑞牆山など奥多摩山塊も見える。 甲斐駒ヶ岳の左は、ギザギザ稜線が特徴の鋸岳があり、中ノ川乗越、大ギャップ、中岳、鹿窓、角兵衛沢のコルが見える。その遠方には赤岳を最高峰とする八ヶ岳が見える。 八ヶ岳の背後には、浅間山や四阿山がうっすら見える。 甲斐駒ヶ岳と違い、仙丈ヶ岳はコースタイムの4時間を切るほどに登りやすく初心者向である。 下山は仙丈小屋でこんこん湧く冷たい水を頂き、馬の背を経由し大滝ノ頭へ下りた。仙丈小屋の水場近くには雷鳥が何羽もいた。 早朝は10度を切るほどに冷え込むので防寒着が必要。まだ陽射しが強いので、日焼け止めやサングラスも必要。
動画ID:DITe58vd-QI
投稿日時:2019年09月24日 14時42分
再生回数:176 回
コメント数:0
高く評価した人の数:1人
低く評価した人の数:0人


"【百名山】甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳 テント泊 2019/9/14-15" の関連お勧め情報 検索結果




関連オススメ動画情報

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP