20190503亀崎潮干祭・田中組 神楽車・上山人形「傀儡師」 - ユネスコ無形文化遺産 日本の祭り33 動画まとめ





"20190503亀崎潮干祭・田中組 神楽車・上山人形「傀儡師」" の動画はこちら


この動画をTwitterで共有!
外部プレーヤー埋め込みタグ


"20190503亀崎潮干祭・田中組 神楽車・上山人形「傀儡師」"のYouTube動画詳細情報


20190503亀崎潮干祭・田中組 神楽車・上山人形「傀儡師」


20190503亀崎潮干祭・田中組 神楽車・上山人形「傀儡師」

2019年5月3日、愛知県半田市亀崎地区で行われた神前神社祭礼「潮干祭」。5輌の山車が海浜曳下ろしされ、祭り広場に並び、神前神社(県社)の方を向いて人形奉納(前棚、上山)をします。 ______________________ 田中組 神楽車・上山人形「傀儡師」 田中組の上山人形 傀儡師は、人形遣いが人形を操る二重構造です。 傀儡師(かいらいし)とは、江戸時代の大道芸人で、諸国をまわり、街頭で子供たちを集めて、首にかけた箱に手を突っ込んで人形を動かします。 田中組の傀儡師が披露する演目は3つ。 1吉野山(唐子人形) 2舟弁慶(義経 弁慶 船頭) 3山猫いたち 3つの中で、最後の山猫いたちは、観客に山猫が飛び出すところが面白いところ。 ........................ 子供衆 子供衆 悪い事せまいぞやー 悪い事をしたものは 山猫にかましよ けものにかましよ スッペラポンノポン ........................ 江戸時代に、子供たちを集めて傀儡師が人形遣いを披露していた街角で、子供たちが湧く様子が目に浮かびます。 テレビのない江戸時代には、大道芸、芝居、祭のカラクリなどは民衆にとっての一大エンターテインメント。 今日も浜や三社でワッと盛り上がっていた様子を見受けました。娯楽の多い今でもカラクリを楽しみに見ている方は多いように思います。 調査によれば、田中組の上山人形の傀儡師は、1吉野山 3山猫いたち の言い回しなどから、江戸時代初期の傀儡師を正確に伝えているものと考えられています。
動画ID:Ww8ltu0_wjg
投稿日時:2019年05月4日 16時40分
再生回数:57 回
コメント数:0
高く評価した人の数:1人
低く評価した人の数:0人


"20190503亀崎潮干祭・田中組 神楽車・上山人形「傀儡師」" の関連お勧め情報 検索結果




関連オススメ動画情報

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP