鹿沼秋祭り07-1 "ユネスコ無形文化遺産" - ユネスコ無形文化遺産 日本の祭り33 動画まとめ





"鹿沼秋祭り07-1 "ユネスコ無形文化遺産"" の動画はこちら


この動画をTwitterで共有!
外部プレーヤー埋め込みタグ


"鹿沼秋祭り07-1 "ユネスコ無形文化遺産""のYouTube動画詳細情報


鹿沼秋祭り07-1 "ユネスコ無形文化遺産"


鹿沼秋祭り07-1 "ユネスコ無形文化遺産"

鹿沼秋祭りは、「鹿沼今宮(かぬまいまみや)神社祭の屋台行事」を中心に行われ、豊作祈願と感謝から生まれたお祭りです。鹿沼秋祭りは、ユネスコ無形文化遺産だけでなく、2003(平成15)年2月には国指定重要無形民俗文化財に指定されています。今宮神社は中心部に祀られていて34の町の氏神であり、このうちの27の町で所有する屋台のうち約20台が毎年奉納されます。 鹿沼秋祭りの歴史 鹿沼秋祭りの起源は、1608(慶長13)年に日照りが続き大干ばつになりました。そこで困った氏子や近隣の人たちが、三日三晩雨乞いの祭りをして祈り続けたところ激しい雷雨がおこったそうです。この霊験を敬い例祭としたことが、鹿沼秋祭りの始まりだと伝承されています。
動画ID:RnRSlLXB3Yc
投稿日時:2018年10月27日 08時20分
再生回数:750 回
コメント数:0
高く評価した人の数:人
低く評価した人の数:人


"鹿沼秋祭り07-1 "ユネスコ無形文化遺産"" の関連お勧め情報 検索結果




関連オススメ動画情報

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP