【唐津市】 唐津くんち 祝賀奉曳 - ユネスコ無形文化遺産 日本の祭り33 動画まとめ





"【唐津市】 唐津くんち 祝賀奉曳" の動画はこちら


この動画をTwitterで共有!
外部プレーヤー埋め込みタグ


"【唐津市】 唐津くんち 祝賀奉曳"のYouTube動画詳細情報


【唐津市】 唐津くんち 祝賀奉曳


【唐津市】 唐津くんち 祝賀奉曳

2019年は唐津くんちの1番曳山である刀町の「赤獅子」が制作(文政2年)されて200年の節目です。同時に平成から令和への改元を記念して、特別巡行「祝賀奉曳(しゅくがほうびき)」が5月5日に行われました。唐津神社の秋季例大祭以外で全ての曳山14台が巡行するのは14年ぶりで、唐津神社鎮座1250年記念祭と唐津市の市町村合併を祝う特別巡行以来となります。 当日は晴天に恵まれ最高気温27度を超えるなか、御幣を立てた「赤獅子」を先頭に唐津くんち本番(町廻り)と同じコースを巡行します。 映像のはじめの獅子は神田(こうだ)地区の「カブカブ獅子」です。本来は毎年11月3日(秋季例大祭 御旅所神幸の日)の午前5時、暗闇のなか唐津神社で獅子舞を奉納しているものです。2番曳山、中町の「青獅子」のモデルにもなったものともいわれ、そのはじまりは赤獅子制作のさらに前、1802(享和2)年と古く、由緒あるものです。
動画ID:IG4OuWAYX3A
投稿日時:2019年05月16日 18時40分
再生回数:19,193 回
コメント数:3
高く評価した人の数:56人
低く評価した人の数:16人


"【唐津市】 唐津くんち 祝賀奉曳" の関連お勧め情報 検索結果




関連オススメ動画情報

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP